更新日: 2011-02-16 15:35:34

前立腺がんが増えています。

著者: chico-chico

編集者: chico-chico

閲覧数: 266

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kynbit

前立腺がんは前立腺から発生する悪性腫瘍で50歳過ぎくらいからで出て来る可能性が有ります。

STEP1

前立腺がん、これは進行すると転移しやすく悪性です。他のがんと同じく早期発見・早期治療がものをいいます。

前立腺がんは、初期のうちは特徴的な症状はほとんどありませんが、ある程度進行すると排尿困難、勝胱刺激症状、排尿痛、出血などが現れます。



さらに進行すると、がん細胞は体内へ転移するようになり、近くの臓器・リンパ節や骨がそのターゲットになります。

STEP2 前立腺がん病気分類

病期A:臨床的には前立腺がんと診断されず・たまたま前立腺肥大症や膀胱がんなどの手術試料の病理組織学的検索でがんが見出されたもの(偶発がん)

Al:片葉内に限局し、かつ高分化型腺がん

A2:ぴまん性病変、または中~低分化型腺がん



病期B:前立腺内に限局している腫瘍で、しかも転移のないもの

Bl:片葉内に限局している単発の腫瘍

B2:両葉に浸潤している腫瘍



病期C:前立腺被膜をこえて浸潤しているが、転移の認められない腫瘍


  、    ‾‾
病期D:臨床的に明らかな転移が認められる腫瘍

Dl:大動脈分岐部以下のリンパ節に転移が認められる

D2:大動脈分岐より上部のリンパ節、骨、肺・肝腋などの臓器に転移が認められる

STEP3

前立腺がん(癌)の治療方針としては、経過観察、治癒的治療(根治療法)、緩和療法(緩和ケア)のいずれかになります。

前立腺癌(がん)の治療にはホルモン療法、手術療法、放射線療法などがありますが、どの方法をとるかは前立腺がんの進展度で違います。前立腺癌(がん)の治療法を複数の選択肢の中から選ぶのは難しく、患者のライフスタイルによって選択肢が違ってくることもしばしばあります。

前立腺癌(がん)で多くの場合、どの治療が最も効果的か、また個々の治療にどの程度の延命効果が期待できるかどうかは医師でも断言できません。前立腺癌(がん)の治療の中には生活の質を低下させるものもあります。たとえば、大きな手術や放射線療法、ホルモン療法は、しばしば尿失禁や勃起機能不全を引き起こします。

前立腺癌(がん)の治療法を選ぶ際には、各方法の長所と短所を吟味する必要があります。前立腺癌(がん)の治療法を選択する際には、こうした理由から、他の多くの病気の場合に比べて、患者の希望が大きく考慮されます。

STEP4 前立腺がんの検診が自宅で行えます。

Photo by expertinfantry

「尿が出にくい」「勢いがない」「途中で途切れる」「残尿感がある」などの排尿の悩み、40歳を超えた男性なら経験した方も多いはず・・・これらは、前立腺の肥大によって尿道や膀胱が圧迫されて起こる症状の一部です。

前立腺は、男性の膀胱の出口に尿道を包むように存在し、精液の液体成分の一部を分泌する器官です。前立腺に良性のこぶが出来て、排尿障害を起こす病気を、前立腺肥大症といいます。

前立腺肥大症は熟年以降の男性に発生し、高齢化や食生活の欧米化に伴い、前立腺癌(がん」とともに日本でも年々増加している疾患です。PSAは、血液検査だけで測定できるので、「前立腺がん」の集団検診でも用いられる検査です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する