更新日: 2011-02-16 13:41:00

浴室に生える赤カビを予防する方法

著者: hana-haha

編集者: hana-haha

閲覧数: 3206

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hana-haha

毎日使うたびに掃除するはずの浴室。でも、細かいところに赤カビがうじゃうじゃ・・・。お酢で退治しましょう!

STEP1

浴室で見かける赤いヌメリの正体は、カビではなく赤色酵母の「ロドトルラ」。カビと同じ真菌の1種ですが、カビより増殖が速く水分があるだけで発生しやすいという厄介者です。
ロドトルラの栄養源は、皮脂やアカと湿気。2日もあればピンク色に見えるほど繁殖するのです。

STEP2

基本的にはサッと水でこすれば落ちるのですが、丸めた新聞紙に「お酢スプレー」を吹きかけ拭き取りましょう。さらに生えやすい場所に、「お酢スプレー」を吹きかけておけば、予防にもなります。

【お酢スプレーの作り方】
水とお酢を7:3で液を作り、スプレーボトルに入れるだけ。
お酢は安価な醸造酢でOKです。雑菌が繁殖するので、1ヶ月で使い切れる量ずつ作りましょう。

お酢は雑菌の繁殖を抑制し、嫌な臭いの消臭効果もあります。酸性なので、水垢や石けんかすなどのアルカリ性の汚れを中和して取れやすくする効果もあります。

まとめ

お酢スプレーは、塩素系漂白剤と絶対に混ぜないでください!
有毒な塩素ガスを発生させるので、大変危険です!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

59

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。