更新日: 2011-02-16 11:34:14

これが本当!ゴーヤーチャンプルーの簡単で美味しい作り方

著者: Mr.ザック

編集者: Mr.ザック

閲覧数: 656

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by jetalone

最近テレビでもよく採り上げられる沖縄料理。

その中でもゴーヤーチャンプルーは定番の料理。

一般に知られている作り方でももちろんいいが、ポイントを押さえて作れば、

もっと簡単にもっと美味しく作れる。

STEP1

ゴーヤーは、沖縄産を用意する事。沖縄産は余計な苦味が少なく、適度な肉厚とやわらかい食感、そして何より熱が通りやすく、調理しやすい。

沖縄料理には沖縄産のゴーヤーが適している。沖縄の人の間では、沖縄産を使うのが常識。

また表面の粒は小さいものより大きいものの方が美味しいとされている。

STEP2 他の材料は、簡単に手に入るもので十分美味しく出来る。

豆腐は沖縄独特の、食感がしっかりしているもめん豆腐(島豆腐)を使うが、沖縄以外ではなかなか手に入らないので、やわらかい絹ごし豆腐以外なら代用できる。

場合によっては、豆腐を入れなくても大丈夫。

次に、ポーク缶。最近では比較的手に入り易くなったが、冷蔵庫に入っているあまった豚肉を入れてもいい。

沖縄でも人によっては、ポーク缶ではなく豚肉の薄切りを好んで使う人も少なくない。

STEP3 材料を用意し、後は炒めるだけだが、ここでポイント!

切ったゴーヤーは塩水または水に30分前後浸す事!

苦味を和らげ、しんなりさせる事で味が絡み易くなり美味しくなる。

また調理の際は砂糖などを入れ、自分に合った味付けにしても良い。

苦味が美味しいと言っても、沖縄の人もそうやって少し苦味を押さえて作る。

最後に卵でとじる場合とそうでない場合がありこれはお好みで。

作る人によって様々なゴーヤーチャンプルーの作り方がある。
沖縄で食べる機会があれば、食べ比べて自分好みのゴーヤーチャンプルーを探してみてもおもしろい。

まとめ

切ったゴーヤーを塩水に浸す。
砂糖を入れて苦味を調整。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

78

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ゴーヤーは沖縄産を使う。他の材料は簡単に手に入る材料で十分美味しい。