更新日: 2011-02-16 03:51:01

方言の強い人と話すときは

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 665

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by いなみわけ

方言の強い人と話すと、相手の言葉が聞き取れないことがありますね。

STEP1 ①方言がわかる人に助けてもらう

特にご年配の方と話すと、
方言が強くてわからないことがあります。

そのようなときは、ネイティブの人に助けてもらうと良いでしょう。
方言を自力で習得するのはなかなか難しく、
独特の発音を早く理解するには、
子どものころから方言に慣れる必要があります。

そのため、ネイティブの人に助けてもらうのが一番確実で、
手っ取り早いです。

STEP2 ②怒っているわけではない

方言の強い人と会話すると、
しばしば相手が起こっているように感じてしまいます。

しかし、怒っているように聞こえても、
実際には怒っていない場合が多いです。

勘違いして避けると、相手との会話はできませんので、
怒られているように感じても、その場から逃げないようにしましょう。

STEP3 ③ゆっくり話す

方言が上手く聞き取れないのは、
相手が非常に早口で話すため、という場合があります。
特に東北方言は非常に早口ですね。

そのため、ばっと言われると聞き取れません。
急ぎの場合は別ですが、
落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと会話するように心がけましょう。
これで、慣れてくると次第に聞き取れるようになってきます。

まとめ

自分で話すのは大変ですが、聞き取りは、何度も聞いて慣れてくると次第にできるようになります。その土地に何年も住む場合、会話しながら方言を勉強してみるとよいでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

91

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。