更新日: 2011-02-15 22:47:28

本のノド割れを防ぐ

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 1982

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by いなみわけ

本を長年使っていると、ページの開き過ぎで真ん中から割れてしまうことがあります。

STEP1 ①ノド割れとは

本を開き過ぎていると、綴じているところが裂け、
割れたようになってしまうことがあります。
これをノド割れといいます。

特に、硬い紙を使用した本では、
このノド割れが起こりやすいです。

STEP2 ②防止

これを防ぐには、
本を開き過ぎない、また読んだ後はきちんと閉じておくことが大事です。
伏せておくなどは厳禁です。

といっても、勉強などをしていると、
開くことが多い本に関しては、
綴じた部分から直接開くのではなく、
少し余裕をもって開くようにすると良いです。
これで、糸綴じの部分へのダメージを軽減できます。


最近の本は丁寧に綴じられていることが多いですが、
古めの本は簡単に割れてしまうこともあります。
特に、図書館の本が割れてしまうのは困りものですので、
借りた本は大事に扱いましょう。

STEP3 ③ノド割れしてしまったら

ノド割れの修繕方法としては、
解体して糸を締めなおすといった方法がありますが、
専門的なため、なかなか難しいです。

個人的な本であれば、
補修テープを使用する方が簡単です。
アマゾンなどでも売っているので、すぐに手に入れられるでしょう。
セロハンテープはすぐに劣化するのでおススメできません。

まとめ

本は大事に使いたいですね。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

112

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

補修テープ