更新日: 2011-06-22 14:04:23

パンになぜブドウ糖を入れるのか?

著者: ヤヒ

編集者: ヤヒ

閲覧数: 314

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by HIBIKIFL

パンにブドウ糖を入れますが、なぜブドウ糖を入れるのか紹介します。
後、ブドウ糖の働きを紹介します。

STEP1 ブドウ糖とは?

ブドウ糖は自然界に最も種類が多い糖で、果物やハチミツに多く含まれる糖類の1つで、血液中にも、血糖として約0.1g含まれています。
また、ブドウ糖はよく食べるご飯やパンからなどでも作られています。

STEP2 ブドウ糖の役割

脳をはじめ、赤血球や腎臓の髄質、筋肉を動かすために使われる事もあり、ブドウ糖は1日に必要な量は150gです。
ブドウ糖の本来の役割は、脳を常に働かせることです。
脳はどの体よりも多くのエネルギーを使うので、1日に消費するエネルギーの約18%を占めています。

STEP3 パンに入れる理由

パンの発酵させるには、イーストと呼ばれる酵母菌が必要です。
イーストはパン生地に含まれる糖分と一緒になって、繁殖していきますが、そのときに二酸化炭素とアルコールを生成します。
このときに生成される物を、焼いたパン生地が抱え込んで、時間掛けて膨らんでいくのがパンです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ヤヒ

ゲームが趣味なので、ゲームをやってみた感想を載せたりします。
後、話題のゲームや他の事を載せる事があるかもしれませんが、よろしくお願いします。