更新日: 2011-02-17 23:11:00

シャンプー、オーガニックに変えました?

著者: ココラバー

編集者: ココラバー

閲覧数: 237

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ココラバー

以外に気づかなかったシャンプーに含まれるケミカル。

STEP1

合成シャンプーやリンスのほとんどには下記のものが配合されているそうです。

皮膚障害を引き起こすといわれる、安息香酸。
肝臓障害の原因になるといわれる、エデト酸塩。
皮膚の炎症を起こすといわれる、ラノリン。
そして、毒性を持つ合成香料。

STEP2 無添加、自然派のシャンプーを使ってみよう。

最近ではいろいろなオーガニック、オールナチュラル商品が出ています。自分の髪に合うものをいろいろ試して探してみよう。

STEP3

頭皮の汚れをとり、よい香りにするには、やはり香料が入ってしまうんですね。ストレスにならないくらい、自分の判断でどこまで何を使うか、決めたいところですね。

まとめ

パーマ液やトリートメント、クリーム、化粧品全般考えたらケミカルばかり。全てを取り除くよりも、自分はこうするという考え方を持つことがまず必要かもしれませんね。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

49

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ココラバー

在米。海外に暮らし始めて9年目。ファッション、ショッピング、旅行、エクササイズ、インテリア/雑貨が大好き。