更新日: 2011-04-04 00:27:47

寝すぎによる頭痛とだるさの原因と対処法

著者: coffee_time

編集者: coffee_time

閲覧数: 15408

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kawanet

週末などに疲れをとるつもりで、ゆっくり寝ていたら、
余計に頭痛がして体がだるくなることってないですか?

STEP1 ★ 原因

1. 寝すぎると緊張が緩み、頭の血管が広がることで頭痛が起こります。 

血管が広がるのは良さそう気がしてしまいますが、
血管が収縮してその後広がり過ぎた時、広がった血管が近くの感覚神経を刺激し、
神経伝達物質などの放出を介して血管の周囲に炎症が広がって、痛みが起こるのが原因のひとつと考えられます。

2. 寝すぎで、体内時計が狂って脳が混乱していて一種の時差ボケ状態でもあります。

STEP2 ★ 対策

1. 規則正しい生活をする。
  二度寝せずに、朝はいつもどおり起きて、昼寝する。

2. 太陽光に当たり体を動かす。
  起きた直後にたんぱく質を多く取る。

3. 熱めのシャワーや風呂に入るのもスッキリします。

STEP3

寝不足でも寝すぎでも、体にストレスがかかって頭痛がおこってしまうのは困ったものですね><;;
生活のリズムって本当に大切です!!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

162

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する