更新日: 2011-02-14 22:44:53

雛人形の飾り方

著者: kira54

編集者: kira54

閲覧数: 401

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

雛人形の正しい配置を知って、飾りつけは間違えないようにしましょう。

STEP1

今では大きな雛人形はあまり家においている人もすくないと思いますが、実家で飾っているという方も多いはず。
正しい順番で飾りましょう。

親王
ひな祭りの主体の、雛人形。
男女一体ずつで、右に女雛、左の男雛を飾ります。

STEP2 三人官女

宮廷の女官です。
向かって右から、順番に長柄の銚子→三方→提子、飾ります。

STEP3 五人囃子

男性五人のお囃子です。
向かって右から順番に、謡→横笛→小鼓→大鼓→太鼓と、飾ります。

ここまでは聞いたことあるものですよね。

STEP4 楽人

5人か7人の男性を、右から琴→横笛→篳篥(ひちりき)→火焔太鼓(かえんだいこ)→笙(しょう)→琵琶(びわ)→羯鼓(かっこ)の順に飾ります。

随身
右大臣・左大臣とも呼ばれる弓矢を持った二人組で、向って右に老人、左に若人を飾ります。

STEP5 仕丁

三人組で白衣をまとっており、向って右から立傘(たてがさ)→沓台(つだい)→台笠(だいがさ)持ちの順に飾り、笑い・泣き・怒りの表情を持っています。

すべてをまとめた呼び方を十五人揃といいます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

70

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kira54

こんにちは

1歳の娘のママをしております。

子育てをしながら得た知恵や
もともと節約が好きなので(笑)
その節約術や料理などを投稿します。...