更新日: 2011-02-14 22:31:12

ひな祭りで食べる料理の意味

著者: kira54

編集者: kira54

閲覧数: 685

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Conveyor belt sushi

ひな祭りの料理の意味を知って、みんなで楽しくお祝いしましょう。

STEP1 ちらし寿司

昔から、祭りごとの料理としてつくられることが多かったようです。
3月は、冬から春への季節の変わり目で体調を崩しやすいことから、健康を願って体にいいものを食べさせようとしたことが始まりです。

STEP2 ハマグリのお吸い物

ほかの貝とは絶対に殻があわないことから、一夫一婦の願いを込めて、お祝いのお吸い物として添えるようになったようです。
ただし、ハマグリなどの貝類は菌がありますので、小さい子どもなどは用心してください。

STEP3 菱餅

もともとはお正月に食べられていたもの。
そのころは春分から1ヶ月がお正月で、鏡開きがいまのひな祭りの時期だったので、今ではひな祭りに食べることになっています。
菱餅は、下から緑・白・ピンクとなっており、それぞれ「草萌える大地」「雪の純白」「桃の花」を表しています。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

64

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kira54

こんにちは

1歳の娘のママをしております。

子育てをしながら得た知恵や
もともと節約が好きなので(笑)
その節約術や料理などを投稿します。...