更新日: 2011-02-14 15:46:45

スニーカーの上手な洗い方

著者: オースキー

編集者: オースキー

閲覧数: 1273

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by taylorandayumi

スニーカーって、すぐに汚れてしまいますよね。そんな時は、しっかり洗ってさっぱりしたいもの。
基本的に、レザー素材やエナメル素材のものは洗濯は避けたほうがおすすめですが、キャンバススニーカーならば、ガシガシ洗うことも可能。今回は、その方法を紹介します。

STEP1 ヒモを外す

ヒモをすべて外し、別途手洗いしておきましょう。汚れが落ちない場合は、漂白剤などを使ってしまっても問題ないでしょう。

STEP2 浸けておく

ぬるま湯に洗剤を溶かし、半日程度浸け置き洗いしておきましょう。
洗剤は、なんでも構いませんが、中性洗剤のほうがおすすめです。

STEP3 ブラシでこする

ブラシを使って洗っていきます。あまり強く洗うと、生地が傷んで毛羽立ってしまうので、汚れが目立つ部分以外はひとこすり程度にとどめておいてください。ただし、ソールは強めに洗っても問題ないでしょう。

STEP4 すすぐ

洗濯が残っていると、黄ばんでしまう可能性もあるので、ブラシでやさしくこすりながら泡立ちがなくなるまですすいでください。

STEP5 陰干しする

天気の良い日に、陰干しします。厚手のスニーカーの場合は、干す前に、新聞紙などを詰めて2~3時間置いておいて水気を吸い取っておくのもおすすめです。

まとめ

汚れたままで使いすぎると生地の痛みも進んで、劣化が早くなってしまいます。特に子供の運動靴などは、定期的に洗うことを心がけましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

106

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する