更新日: 2011-02-14 14:24:02

飛行機内で足がだるくて眠れない時の対処方法

著者: とりご

編集者: とりご

閲覧数: 2269

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by とりご

飛行機に乗ると、足がだるくなって眠れない人が多いですよね。原因はむくみと冷えだと言われています。簡単対処方法で快適に睡眠をむさぼりましょう。

STEP1

椅子に座り続けると、むくみが出てきます。冬でも夏でもまず足首を縛り付けている靴下を脱ぎましょう。もちろん靴もね。

STEP2

客室乗務員にお願いして、毛布(ブランケット)を余分に一枚もらいましょう。それを裸足の足先からひざ上まで、ぐるぐる巻きにしてしまいます。

STEP3

あらかじめ座席に置かれていた毛布(ブランケット)をひざ上からお腹の辺りまで被せます。これで冷えは防げます。

どうしてもむくみが消えない場合は、ぐるぐる巻きの毛布を一旦ほどいて、片足をもう一方のひざの上に5~10分ほど乗せましょう。これを左右交互に行います。たったこれだけで、むくみからくる痺れなどが軽減できます。

まとめ

とにかく、足首から下を縛り付けないことと冷やさないこと、これが大事です。裸足でも毛布があれば大丈夫。一眠りした後は、逆に「足元がぽかぽかしているなあ、熱いなあ」なんて感じる人も多いようです。個人の体質にもよりますが、一度ぐるぐる巻きを試してみてくださいね。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

91

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

機内で配られるブランケット、もう一枚。