更新日: 2011-02-14 13:35:35

文章を書く方程式

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 214

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by casek

以前から文章を書くことが苦手でしたが、この前、ある人から”文章力があなたは弱い”と指摘され、文章を書いていても{本当にこれでいいのか?、この云い回しでよいのか?}とか考えながら、書いてしまうので、うまく相手に伝わりません。文章を書く方程式があればよいと考えるのですが、あれば誰か教えてください。

STEP1

「読みやすい文章」の特徴として挙げられるのは、「接続詞を使いすぎない」ことですね。「~が、」をあまり使わないというのは、これに相当します。

・1つの文章は、できるだけ短くしましょう
・接続詞の数は、なるべく1文に1つまでにしましょう

STEP2

その代わり、文頭に「しかし」「だから」「そのため」「したがって」などを入れるのは構いません(これも入れすぎはよくないのですが…)。

STEP3 その法則に則って書きかえると、以下のようになります。

***
以前から文章を書くことが苦手でした。
この前、ある人から”文章力があなたは弱い”と指摘されました。
それ以来、文章を書いていても{本当にこれでいいのか?、この云い回しでよいのか?}とか考えながら書いてしまい、うまく相手に伝わりません。
***

まとめ

変則的に「それ以来」と入れさせていただきました。これだけで、かなり読みやすくなります。あとできるだけ、主語と述語はくっつけて表現するといいですよ。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する