更新日: 2011-02-14 13:17:36

子供の予防接種の注意

著者: MIRANDA

編集者: MIRANDA

閲覧数: 187

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

予防接種には、無料の定期接種と有料の任意接種があります。
任意接種が増えたこともあり、接種の間隔に注意が必要です。

STEP1 最近、予防接種の間違いが増えています。

ワクチンの種類により、接種間隔も違います。
不活化ワクチン-B型肝炎ワクチン・ヒブと肺炎球菌ワクチン・三種混合ワクチン・日本脳炎ワクチンなど
不活化ワクチンは一度接種してから次の接種まで6日以上はあけます。

STEP2 生ワクチン-MR・水疱・おたふくかぜなど

生ワクチンは一度接種してから27日以上あけます。
同時接種を希望されている方も増えているといいますが、不活化ワクチンと生ワクチンの同時接種後は、27日以上あける必要があります。

STEP3

肺炎球菌ワクチンは医療現場で混乱するケースも増えていますので、大人用か子供用かをハッキリと伝えることが大切になります。

STEP4

任意接種のB型肝炎ワクチンはB型肝炎の予防だけではなく、肝臓がんも防ぐことができます。生後すぐから、可能ですので、是非受けておきたい予防接種の一つです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

9

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する