更新日: 2011-02-14 13:01:07

「喫煙者は採用しない」と言われたら

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 246

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by senov

タバコの害への関心が高まるなか、喫煙者を採用しない企業も出始めたと聞きます。自分が就職面接を受けるときにこう告げられたら、どう対応すればよいでしょうか。

STEP1

禁煙手当を出している企業があるくらいですから、喫煙者は不採用という企業が出てきても不思議ではありません。

もしあなたが喫煙者で、禁煙を求められることが理不尽だと思えば、受けなければいいだけの話です。

STEP2 一般的にタバコは病気の原因と言われています。

今、どこの健康保険組合も財政状況が思わしくないようです。それを解消するために組合員(企業)の負担金を一律ではなく、医者にかかった頻度による累進徴収に変更するという考えがあるようです。

そうなると、喫煙者を沢山抱える企業は費用負担が多くなる可能性が高くなるので、事前に喫煙者を排除しておくというのも一つの対策だといえます。

STEP3

タバコのほか、メタボも万病の原因ですが、面接のとき「太っている人は不採用」などと容姿を条件にするのは社会的に容認されません。
だからかどうかはわかりませんが、こちらはあまり表沙汰になりません。

ただ、「健康管理がシビアに求められている」と考えておけば損はありません。
喫煙者で禁煙が条件の企業に入りたければ、面接時には「禁煙します!」と宣言し、それを機に禁煙の努力をしてみるのもよいのではないでしょうか。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

35

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する