更新日: 2011-02-14 12:09:19

好感の持てる文章の書き方

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 449

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 魏鹏展新诗集

 読む人が好感の持てるような文章の書き方を学びたいと思っています

STEP1

「偉そうに立派なことを書く」こと自体は、さほど問題ではないと思います。もしかしたら、論理の飛躍が大きすぎるということはないでしょうか?

STEP2

自分の文章である限り、物的証拠がある必要は無いのですが、自分がなぜそう思うのか、読む側が理解できないと「決め付けている」と思われる可能性は高いと思います。

STEP3

自分が強く思っていることでも、敢えて断定的に書くのでなく反語的、つまり「○○とは□□なのだ」と書くより「○○とは□□なのではないだろうか?」と書くテクニックもあるようです。

STEP4

しかも反語的表現の方が訴える力が強いですし(これは学生時代に国語の授業で習った気がします)、「いや違う」と思われないように書くほうも気をつけるかもしれません。

まとめ

明るい服を着ていると気分も明るくなる、と言います。もしかしたら、文章を変えることによって気持ちの持ちようも変わるかもしれませんね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

32

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する