更新日: 2011-02-25 19:01:08

狭小住宅を作る前に、読んでおくといい本3冊

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 2044

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by sekido

狭小住宅を作る前に、読んでおくといい本3冊を紹介します。

STEP1 [ありえない家/細野透]

3軒の傑作狭小住宅のドキュメント。
建築家、建主、施工者にインタビューしている。

モデルルームでは見えてこなかった、実際の感想が聞けるところが面白い。
ハウスメーカーには、建主の意見を聞いたりするイベントを設けているところもあるけれど、うわべだけの意見があることも多いので、こういった本で予習をするのがおすすめ。

ありえない家、細野透、日本経済新聞社、1,890円

STEP2 [敷地に負けるな!狭小住宅/井上搖子]

著者は、建築家。
敷地選びから、プランニング、住まい方までカバー。
狭小住宅の予算しかない場合は、あらかじめ読んでおくととても参考になるハウツー本。

建築家に直接相談できなくても、読むだけでもいいガイドになってくれるはず。

敷地に負けるな!狭小住宅、井上搖子、彰国社、2,000円

STEP3 [建築家と建てた「小さな家」/鈴木紀慶]

デザイナーズマンションのブームを作った、編集者が著者。
自宅の建築経験を書いた本。

建築を仕事としている著者が、どんな家を作ったかということも知ることができる。

建築家と建てた「小さな家」、鈴木紀慶、世界文化社、1,890円

STEP4 [本を読んで、知識を増やす]

住宅購入は、最低でも何十年住み続けるつもりで購入するもの。
事前に勉強するのは当たり前だと思っています。

住宅関連の本や雑誌など、図書館にも多くそろっています。

今回は狭小住宅。
土地が狭くても、工夫したらコンパクトに住むことができるのが狭小住宅のいいところ。
センスのいい建築を見て、憧れやビジョンを膨らまして、こんな家に住みたいと思ってはじめるのがおすすめです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

82

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...