更新日: 2011-02-14 06:19:49

食物アレルギーのある人の、外食時の対策とは?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 379

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

食物アレルギーを持っている方や、ご家族の方は外食時には充分注意しているのですが、それでも思わぬ事故が起こってしまいます。

なるべく外食を控えるのが基本ではありますが、それもちょっと寂しい物があります。

外食時に注意する事を、知りうる限りのリサーチが必要と思われます。

STEP1

Photo by tikumanikki

蕎麦アレルギーの人は多いですし、まかり間違えば死ぬこともあり、おそばに関しては、お店のほうでも充分気を使って入るようですが、お蕎麦とうどんは同じ鍋のお湯で茹でていますから(ほとんど)うどんを外食で食べない方がいいでしょう。

STEP2

Photo by tikumanikki

エビに限って言いますと、エビフライやエビチリなどの料理は見ただけでエビとわかるので簡単に避けることができますが、料理の中に少量のエビエキスやエビのすり身を入れて調理されている物があります。
エビを揚げた油で他の食材も揚げていたりするなど、見ただけではわからないものも多くあります。

お店の店員さんに詳しく聞きましょう。
ただ、そういう事がわからない店員さんもいるでしょうから、曖昧に返事をされる可能性もあります。エビを揚げた油の共有も危険だということも伝え、はっきり聞いておきましょう。
勿論、少しのエビで命を落とすかもしれないこともしっかりつたえましょう。

お店のホームページにアレルギー情報が載っている所もあり、そういう所は事前に確認できていいですね。

STEP3 卵や牛乳アレルギーの人もいます。

店員さんにはっきり聞きましょう。

また日本の飲食店ではアレルギーに対し対応してくれる場所もすくなく、飲食店で働いている人の意識も非常に低いようです。

まとめ

食物アレルギーを持っている人は、一人で行動せずに二人で外食をせずに、症状が出始めたらすぐに救急車を呼んでもらえるようにしておきましょい。

周りの人にも、アレルギーの事をしっかり言っておくといいですね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

75

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する