更新日: 2011-02-14 05:35:10

綺麗な髪の毛が憧れですが、髪のトラブルに悩みです。解消法は?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 323

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

美しい髪は、女性の憧れです。

そんな髪にするために、努力をしていても超敏感肌な人は、どんなに気をつけてシャンプー選んでも思うようにいきません。酷いときは、かゆくなったりします。

自分に合うシャンプー選びのコツはなんでしょうか?

STEP1

Photo by tikumanikki

低刺激なシャンプーは、髪の毛のためにはいいのですが、洗浄力が弱いのか夕方には臭いが気になって困ります。
化粧品の口コミサイトで低刺激なシャンプーを、色々試してみたらどうでしょう。
シャンプー用のブラシが売られていますが、使うと全然違うようです。
すすぎは、充分に丁寧に洗って、洗剤が残ることのないようにしましょう。1分間洗い流すといいといわれています。

ホホバオイルで、髪の毛をパックしてみましょう。シャンプーする前にホホバオイルを塗りこんで、蒸しタオルでつつみ、キャップを被ります。洗った後の髪の毛の感触がまるで違うので、嬉しくなります。

洗った後も、頭皮保護のために塗っておくといいです。

STEP2

Photo by tikumanikki

コラージュフルフルというシャンプーがありますが、赤いキャップのほうは、マイルドな洗いあがりで、低刺激なら、こちらがおすすめ。

このシャンプーでも、手洗いだけだとにおいが出てしまうので、シャンプーにはブラシを使っています。(力をいれずにやさしくね。)
コラージュフルフルのリンスも好き。髪にツヤが出ます。

STEP3

驚かれるかと思いますが、シャンプーなしで、洗ってみててください。
どんなに低刺激で無添加なシャンプーを使っても頭皮のかゆみや荒れ、ベタつき
が改善しなかった私の頭皮が、今では見違えるようになります。

1ヶ月くらいベタつきが気になったりしますが、それを過ぎると、皮脂分泌が正常になり
お湯だけでスッキリします。
トリートメントを、地肌につけないようにして使います。

どんななに低刺激のシャンプーでも、脂分を流し過ぎる場合もあります。江戸時代の女性の黒髪が綺麗だったのは、今のような強力なシャンプー剤ももなく、頭皮の脂分を洗い過ぎなかったからという説もあります。

まとめ

【江戸時代の女性の黒髪が綺麗だった理由】
今のような強力なシャンプー剤もなく、頭皮の脂分を洗い過ぎなかったからという説があります。
どんななに低刺激のシャンプーでも、脂分を流し過ぎる場合もあるでしょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

35

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する