更新日: 2011-02-14 00:23:41

甘い野菜スープで体内リセット!

著者: mamedon

編集者: mamedon

閲覧数: 754

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by kawataso

 お菓子の食べすぎや偏った食生活で弱った体を調整し、免疫力を高める効果があります。
 すい臓に溜まった脂肪を溶かす効果があり、胃、脾臓にも働きかけます。

STEP1

 マクロビオテックの中の基本のレシピで、飲み続けているとスッキリしてきて、体の中からダイエットされていく感じです。
 お菓子やの食べすぎや偏った食生活で弱った体を調整し、免疫力を高める効果があります。

STEP2 甘い野菜スープの作り方

使う野菜は、玉ねぎ・キャベツ・カボチャ・人参
玉ねぎを1個として、その他の野菜がそれぞれ玉ねぎと同じ分量になるよう用意します。

1 野菜をそれぞれ同じような大きさで小さく切ります。

2 玉ねぎ・キャベツ・カボチャ・人参の順番に層になるように鍋に敷き詰めていきます。(この順番が肝心)
  
3 野菜が混ざらないように水を静かに注ぎ入れます。(層を崩さないように)

4 最初は強火で、沸騰したら30分中火でコトコト煮ます。
  あくはとりません。

5 火を止めたら、少し冷まして野菜の煮汁をザルなどでこして、できあがり。こすのが面倒ならそのまま食べてもOK。

まとめ

 マクロビオテックでは食べ物には陽性と陰性があり、そのバランスをうまく調節することを大事としています。野菜を鍋に敷き詰める順番が決まっているのもその為です。陰性の野菜から陽性の野菜と重ねていくことで、本来野菜が持つ甘味が引き出されるそうです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

64

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

玉ねぎ
キャベツ
カボチャ
人参

玉ねぎを1個とすると、その他の野菜はそれぞれ玉ねぎと同じ分量に。
その時の水の量は2L。