更新日: 2011-02-13 20:54:38

日焼けをしたときに、スプーンでできる火照りを抑える方法

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 1076

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by iwaryo

日焼けをしたときに、スプーンでできる火照りを抑える方法を紹介します。

STEP1 [日焼けをしたときには]

日焼けをしたときには、化粧水を使わずに、まずは水で洗い流します。
たっぷりの水で、顔を洗うように流しましょう。
その後で、スプーンパッティングをしていきます。

STEP2 [スプーンパッティングの方法]

グラスに入れた氷水にスプーンをひたして、火照った部分にぺたっと30秒あてます。
炎症が治まって、肌が落ち着いているときは、パッティングのように、ぱたぱたと、スプーンをあてていきます。

スプーンは、軽いものを選んで、気持ちいいと感じる程度に。

STEP3 [すでにできたシミにも]

すでにできてしまったシミにも、このスプーンパッティングは効果があります。

その場合は、グラスを2つ、氷水とお湯のグラスとスプーン2本を用意します。
スプーンを交互に肌にあてていきます。
冷たいパッティング10秒、温かいパッティング10秒、交互に3セットずつ1分行います。

このパッティングは代謝を促進させて、メラニンの排出を促してくれます。
スプーンとグラス、氷水でできるのですぐに試せるのもいいところ。

金属製の小さなスプーンなら、シミを集中的にケアしていけますので、ぜひやってみてください!

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

101

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...