更新日: 2011-02-13 16:10:31

「白熱教室」を作る方法

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 251

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJ/TR (´・ω・)

ハーバード大学のマイケル・サンデル教授による「白熱教室」のような対話型授業を行いたい! と思ったとき、何を用意すればよいのでしょうか。成功のコツをご紹介します。

※2011年1月31日朝日新聞の記事の内容を参照しています。

STEP1 ■無理に当てない

用意のできていない学生は、指名されても話せません。
学生が手を挙げて、自ら話し出すのを待ちます。

STEP2 ■学生を信じる

多様な意見にそれぞれ意味があることを信じましょう。
教師がそれを展開させればよいのです。

STEP3 ■否定しない

どんな拾いようのない意見でも否定してはいけません
学生は間違えることを恐れています。「間違い」と晒されると、発言する気概が損なわれます。

STEP4 ■事前の準備が大事

学生の意見に応じて、毎回の授業がアドリブになります。、学生が関心を持てる話題や、対立点を準備しておきましょう。

STEP5 ■最後に意見を整理する

無理に結論を出そうとせず、意見を整理して方向を示唆し、学生に考えさせるよう仕向けましょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

27

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する