更新日: 2011-02-17 20:24:16

入学祝いをいただいたら「お礼状」を出しましょう。

著者: jejejeaki

編集者: jejejeaki

閲覧数: 795

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by abiruy

入学祝いをいただいたら必ず「お礼状」を出しましょう。そのポイントをご紹介。

STEP1 まずはすぐにお礼の電話をかけましょう。

子供本人がかけれるようでしたら、本人に電話をかけさせると良いでしょう。
ただし、電話で終わらせず、必ずお礼の手紙を出しましょう。
(目上の人でなければ、ハガキでも構いません)
頂いたらなるべく早くお礼状を出しましょう。

STEP2 便箋に、手書きで万年筆またはボールペンで書きます。

黒が基本ですが、万年筆ならブルーブラックでもよいでしょう。
便箋は縦書きが基本です。

子供が書く場合は厳密にする必要はないでしょうが、
相手に失礼のないよう注意しましょう。

STEP3 親が礼状を出す場合は、文中に子どもの様子、

子どもの言葉を伝えましょう。子供が喜んでいることを
伝えるのが相手にとってもうれしいものです。

子供が書ける場合は、子供に書かせましょう。
いただきものをした場合にお礼状を出す習慣を
教えることは本人にとっても勉強になります。

まとめ

目上の人には「前略」は失礼にあたります。
ただし、親しい人あてのお礼状や、メッセージカードなどは
「感激しました!」
「○○さん、ありがとう!」
などの言葉を使ってもよいでしょう。
感動や嬉しさが相手によく伝わるように書きましょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

61

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する