更新日: 2011-02-13 09:17:00

消費税を取るべきかどうか

著者: ??

編集者: ??

閲覧数: 432

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by atk1983

今年になって個人事業の開業届を出し事業をはじめました。主な取扱は、写真販売で、一点の価格は2~10万円です。今年度の売り上げ目標は200万で、「免税業者」となります。このような状況なのですが、お客様に請求書を書く場合、消費税をどのように扱うかで悩んでいます。

STEP1 消費税は、どんな小額の取引でも請求しないと違法です。

「免税業者なんだから消費税取るなよ」と、図々しい事を言う人の方が違法なのです。あなたが免税事業者であるかどうかは、単にその年の売上金額での取り扱われ方であって、他の人にとやかく言われる筋合いの物ではないですし、要らぬお世話です。

STEP2

むしろ、お客様から消費税をもらわなければ、仕入や経費に含まれる消費税の回収ができず、あなた自身が国に貢献するだけです。

STEP3 消費税は必ず請求してください。

外税にするか内税にするかはあなたが決めれば良いです。消費者に対し、内税の方が分り易いだろうと気を利かせて税込10万円、と、値引きしてきりの良い数字にするのでも良いし、「代金10万円+消費税で、税込10万5千円」と表示るすのでも良いです。

STEP4

あなたが消費税はもらっていないと思っても、お客様は税込みで支払っていると解釈します。

まとめ

でも必ず、「税込金額表示」をする事が法で決まっていますので、それだけは怠りなく。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

26

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する