更新日: 2011-02-14 14:52:15

大阪の、高額の資産を継いだ高齢姉妹にみる孤独死。

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 491

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

今年、2011年の正月に、大阪で高齢の姉妹の遺体が発見されました。

実家は土地を多く保有する地元でも有名な資産家で、父親も銀行員という恵まれた家庭でした。

その姉妹が、電気もガスも止められ、所持金は僅か90円という状態で発見されました。

高額な資産を受け継いだはずの姉妹が、なぜ、このような状態に陥ったのでしょう。

STEP1

Photo by tikumanikki

姉妹の実家は、土地を多く保有する地元でも有名な資産家で、父親も銀行員という恵まれた家庭でした。

その父親は25年前に亡くなり、その後母親が亡くなり、姉妹で資産を受け継ぎました。

しかし、2人の最期は、多額の借金のため差し押さえられた、自分達の所有するマンションでした。裕福な生活から次第に困窮していったのですが、高額な資産を受け継いだはずなのに、なぜ?という疑問がのこります。

STEP2 姉妹は、財産相続や税金を納めるのに苦しんでいたようです。

普通から考えれば、財産を相続し、相続したなかから払うのだから困る事はないはずと思います。

ところが、現実はそうもいかないところがあるようです。
例えば、住んでいる住宅に税金がかかったとします。家が大きかったら高級であればそれだ多額の納税金が必要です。

ですが、相続したからと言って、現金が金が入ってくるわけではありません。
納税をするお金を工面しなければなりません。従って、税金を納めるお金の工面のために、持っている土地を売ります。

土地を売ると、売った土地に対して税金がかかってきます。

高額な遺産を引き継いだときなどは、税理士に管理を依頼しないと、大変なことになるようです。

STEP3

この姉妹の場合は、専門の税理に頼んだかどうかは、わかりませんが10年前に建てたマンションの入居者が思うように決まらずに、家賃が入るどころか、建設時の借金に苦しんでいたようです。

相続時の遣り繰りではなく、生活費に困窮してから、家賃を見込んでの借り入れで建てたマンションのようです。

20年ほど前ですが、長野県で父親の財産を引き継いだ50代の男性が、相続税を苦に自殺しています。

「宝くじで当たった資産家は、3年後には必ず悲惨家になる。」と、よく言われますが、高額な金額の管理は難しく人生を狂わせるようです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

52

関連タグ:

tikumanikkiさんのコメント

2011/02/13 09:13:15

ぴょんぴょんさん、コメントありがとうございます。
とても嬉しいです。

ぴょんぴょんさんは、税金払っておられるのですね。
私は残念ながら、払っていません(^^♪

私、この大阪の姉妹に興味を持ったのは、人間って与えらたものの生かし方で人生が大きく変わるものだと、しみじみ思いました。

お金では幸せになれないですよね。

ぴょんぴょんさんのコメント

2011/02/13 08:37:16

このニュース、本当に考えさせられる部分が多いですよね。
相続税などの支払いは、本当に大変なようです。
日本の制度にも問題があるのでしょう。
生きてるうちに最低限の物を残して少しずつ生前贈与にしちゃうのが一番いいんですかね・・・

本当に、なんの恩恵にもあずかることのできない国に税金なんか一円も払いたくないです。

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する