更新日: 2011-02-13 07:06:57

にんじん、ブロッコリーは生で食べる?

著者: ココラバー

編集者: ココラバー

閲覧数: 680

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ココラバー

日本では調理するイメージが多いけれど、アメリカでは、生のにんじんやブロッコリーがアペタイザーやスナックとして出ることが多いんです。

STEP1

にんじんは、カロテン、ビタミンCやEが多く含まれ、がんや老化の予防にも役立つ健康野菜。そして、ブロッコリーはβ-カロテンやビタミンB群、ビタミンC、Eを多く含むほか、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラル、食物繊維も豊富と、とっても栄養的に優秀な食材。コレステロール値の低下、そして抗がん作用もあるという素晴らしい野菜です。

STEP2

アメリカのスーパーなどで売っているサラダプレートには、にんじん、ブロッコリーやカリフラワーが生で入っていることが多いです。実際、アメリカ人はこういった生の野菜をランチドレッシング(サワークリーム、バターミルク、マヨネーズの入ったもの)をつけてよく食べます。小さな子ども達も最近のヘルシー志向な家庭では、頻繁に出てくるものです。

子どももテーブルフード(離乳食が終わった子ども)のランチやおやつに、生にんじんをあげるママがたくさんいます。

STEP3

もちろん、レストランなどでは蒸したお料理など、いろいろな調理方法で作られています。
野菜をゆでるとビタミンなどの栄養の一部がにげる、という考えもありますが、みなさん食べ方はいろいろ。好きな方法で野菜をしっかり取るのが大事なのかもしれませんね。

まとめ

にんじんやブロッコリー、カリフラワーは彩りも綺麗なので、子どものお弁当にも必須ですね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ココラバー

在米。海外に暮らし始めて9年目。ファッション、ショッピング、旅行、エクササイズ、インテリア/雑貨が大好き。