更新日: 2011-02-13 00:33:53

テフロン加工のフライパンの寿命をのばす方法

著者: みいちゃん

編集者: みいちゃん

閲覧数: 1867

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by cookipediachef

軽い、こびりつかない、安い、と3拍子揃ったテフロンのフライパン。
扱い方を間違うと、テフロンが剥げてしまって使い物にならなくなります。

少しでもテフロンフライパンの寿命を延ばす方法をご紹介します。


STEP1 ■使い方

空だきはできません。
調理前に強火で煙が出るほど温めるなどはしないでください。
また、調理も強火では無く中火で使用します。
表面を傷つけるおそれのある、金属製のへらなどは使わないようにしましょう。

STEP2 ■お手入れの仕方

クレンザーや金属たわしで洗ってはいけません。
テフロン加工は鉄と違って、サビの心配や油をなじませる必要が無いので
柔らかいスポンジで綺麗に洗っておけば大丈夫です。

STEP3 ■再加工という手も

もし、ちょっと高級なテフロンのフライパンを購入したのなら
再度、テフロン加工をしてくれる会社もあります。


有限会社エフシー
http://www.hao2.co.jp/saikakou.html

アルファ技研
http://www.alfa-giken.net/

関西技研
http://www.ka-giken.com/youto_katei.html

「テフロン再加工」で検索してもいっぱい出てきますよ♪
近ければ持ち込めば送料は無料ですから、探してみてください。

まとめ

油の量が少なくても、ぐざいがひっつかない便利なテフロン加工のフライパン。
上手に使えば5年くらいは使えるという話も聞きます。

大切に扱って、使い捨てにしないようにしたいですね。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

80

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
みいちゃん

現在、育児休暇中のプログラマです♪
3歳の娘と0歳の赤ちゃんの子供がいます。
趣味は読書とパン屋さんめぐり。

少しでも自分の時間を捻出するために...