更新日: 2011-02-12 22:07:03

雪の日に転ばないコツ

著者: saita39

編集者: saita39

閲覧数: 316

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by mdxdt

雪の日は路面が凍ったりして転びやすくなります。
打ち所が悪ければ、大変なことになりますので、転ばないように気をつけましょう。

STEP1 小さな歩幅で歩き、重心移動を少なくしましょう。

バランスが崩れないことが大切です。
また、両足の左右の足幅は20cm程度にすると安定します。

靴の裏全体をしっかり地面につけ、重心を前の方へかけ、すり足が最適です。

そして、焦らず余裕を持って歩く事が大切です。
歩行中の携帯電話での通話やメールは注意力がかけるので、転ぶ原因にもなってしまいます。
気をつけましょう。

STEP2

転びやすい場所としては、横断歩道が雪が踏み固められているので滑りやすくなっています。
また、白線部分は水が染み込まないため、凍りやすく危険です。

そのほか地下鉄駅や地下街の出入り口付近やバス・タクシーの乗降場所も人がたくさん通るので滑りやすくなっています。
また、駐車場の出入口の傾斜にも注意が必要です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

20

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する