更新日: 2011-02-12 21:46:46

世界王者・井岡一翔選手も愛飲した「特製野菜スープ」に注目!

著者: love-syoko

編集者: love-syoko

閲覧数: 4181

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kawanet

このほど、プロデビュー以来7戦目でWBCの世界王者を獲得したミニマム級の井岡一翔選手。ボクサーにつきものの減量を支えたのは、祖母手作りの「特製野菜スープ」でした。叔父で、2階級制覇などの偉業を達成して、現在、井岡ジムの会長である弘樹さんもかつて愛飲したスープには、しょうが、にんにくが含まれていることがわかりました。ここでは「三大薬味」を含む特製野菜スープについて、その健康効果を考えてみたいと思います。

STEP1

ねぎ、しょうが、にんにくの香味野菜は、冷え症を改善して基礎代謝をあげるなど「三大薬味」としても注目されています。基礎代謝があがることにより、免疫力もアップ、風邪予防にも効果があり、また、ダイエット効果も期待できるなどで注目されています。

STEP2

井岡選手が愛飲した「特製野菜スープ」について、スポーツ紙(web)各紙の情報では、野菜・にんにく・しょうがなど約30品目が入っているということで、作り方など詳細まではわかりません。しかし、体調を管理しながら減量できるということは、その昔、試合当日計量が行われていた時代を戦った弘樹会長が、愛飲していたことからも納得できます。

STEP3

体重減少時に起こる免疫低下による風邪予防は、厳しい減量を強いられる選手の悩みだともいわれています。井岡選手の祖母が、しょうがやにんにくの効果を意識されたかどうかはわかりませんが、これらの薬味を料理に入れることが健康維持につながることが証明された事例だと思います。

まとめ

短期間に減量するボクサーと一般的なダイエットとは根本的に違いますが、健康を維持しながら体重を落とすという意味では共通すると思われます。
ダイエットをしている人は少なくないと思いますが、食事制限だけでなく、基礎代謝をあげるなど体調を整えながら続けることが大切だといえますね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
love-syoko

パソコン歴12年目になる素人ですが「かたつむり」のつもりで進化し続けていきます!

必要なもの

計画的な食生活