更新日: 2011-02-14 22:06:12

雪の朝の転倒防止対策

著者: ワンコは友達

編集者: ワンコは友達

閲覧数: 513

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ワンコは友達

今も都心では、雪がちらちらしていて、寒いです。
雪道を歩く方法は先ほど書きましたが、
今度は、凍った道を歩く方法を考えましょう。

とりあえず、手袋(軍手でOK)は必需品です

STEP1 まずは、装備から。

出かける時は手袋をしましょう。
転んだ時に手をつきますが、その時に手袋いていると軽症で済む場合が多いようです。
また、何かにつかまる時にも、手袋をしていたら、気にせずにつかまることが出来ます。

そんな時の為に、軍手は重宝です。
バックに1組忍ばせておくと便利です。100円くらいですし、
最近はカラー軍手もあります。

もし可能なら、帽子もかぶっておくとよいでしょう。

STEP2 次は歩き方・・

蟹のように、ペンギンのように歩幅を小さく横歩き気味が良いようです。
なるべく、重心を低くして、腰をかがめて歩きます。
足も高く上げないで、滑らせるように、でも少し上げて歩きます。
足は、足底全体で、おろしますが、雪道では無いので、力強く振り下ろすと
つるりと滑ります。そっと置くように・・そしてその場所が滑らないかどうか確認する感じ。

STEP3 場所を選ぶ・・

人が歩いた後の解けた場所を探します。
そうすると水でぐしゃぐしゃになっている場合もあるけれど、
滑るのと水につかるのをどっち選びますか?
靴は防水か雨ふりと同じと思って良いですね。

もし雪が残っている場所が有れば、その方が滑りません。

STEP4 坂は滑ると思って、やはり避けて遠回りしましょう。

車が通る道は、早く溶けますし、
地下に下水道や地下鉄が通っている道路は早く溶けます。地下が温かいから。

一番怖いのは、皆が通って、つるつるになった場所。
日中は太陽が当たって、溶けて、夜には凍るような場所。

日中なら、車道の方に迂回しても見えるから大丈夫だけれど、
夜は見えないから、もし出来るなら、車の光が当たると光持ち物を用意しよう。

小さなライトでも・・最悪は携帯を開いて灯にしよう。
結構、携帯が光ってくれるから。

まとめ

急がない、走らない、落ち着いて、皆が通っている場所を見て、
その後をついて行くのは良い方法。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ワンコは友達

犬と散歩しながら毎日を楽しく過ごしています。
生活の中には、ヒントになることがいっぱい。
ピピイン!ときた時に、皆さんにぜひ紹介します。

犬との...