更新日: 2011-02-21 18:28:10

睡眠と覚醒を司るメラトニンの効果

著者: lovelyshiba

編集者: lovelyshiba

閲覧数: 438

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by psd

睡眠薬を服用すれば
確かに睡眠時間は確保できますが、
睡眠の質を改善することはできません。

STEP1 【メラトニンの効果】

1.脳内のメラトニンの分泌により睡眠は誘発されます。
しかし、不眠症の方は分泌量が減少しているため
メラトニンを投与することによって睡眠を誘発することができます。

STEP2 2.夢を見るのはレム睡眠中ですが、

その間に記憶力は強化されます。
一般に睡眠薬はレム睡眠を弱める働きをしますが、
メラトニンはレム睡眠を強化するため記憶力の向上も期待できます。

STEP3 3.メラトニンの服用により体が夜という時間を感じ、

体内時計を調整するため、体内の時差を解消する効果があります。

STEP4 4.ビタミンCやE、βカロテンなどの抗酸化物質は

一部の細胞にだけしか浸透できませんが、
メラトニンは脳を含むすべての細胞に浸透します。

STEP5

5.メラトニンにより他のホルモンのバランスが整えられるため、
乳がんなどホルモンのアンバランスにより引き起こされる
がんの予防効果が期待されています。
実際、乳がんの患者には
メラトニンの分泌量が少ない人が多いこともわかっています。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
lovelyshiba

得意ジャンルは、美容、健康、料理、ペットなど・・・です。