更新日: 2011-02-22 10:03:40

感電や落雷事故の時の対処法

著者: lovelyshiba

編集者: lovelyshiba

閲覧数: 2642

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by AlyZen Moonshadow

突然落ちる雷・・・。
本当に恐ろしいものです。
どうやって対処したらよいのかを
ご紹介します。

STEP1 感電した人を見つけたら、救急車を要請するとともに、

周囲の状況をよく確かめ、
救助者の安全を確保したうえで救命の処置を行いましょう。

【対処法1】
電気器具による感電の場合は、まずその電源のコンセントを抜くか、
ブレーカーをOFFにします。
これは救助者の感電を防ぐとともに、
負傷者へのダメージをそこでくい止めるためです。
電源やブレーカーがみつからないときや、屋外で電線に触れて感電した場合は、
電気を通しにくい乾いた木の棒を使ってコードや電線を負傷者から離します。
一番安全な方法は、ゴム手袋とゴム長靴の着用です。
床や地面が濡れている時は注意が必要です。

STEP2 【対処法2】

安全な場所で意識、呼吸、脈の順にバイタルサインを調べます。
意識がなければ気道を確保し、呼吸が止まっていたら人工呼吸をします。
脈がなければ人工呼吸とともに心臓マッサージを開始しましょう。

※バイタルサイン:生きている状態を示す指標で、
体温・呼吸・脈拍・血圧などのことです。

STEP3 【対処法3】

やけどを負っていたらその手当てをします。
感電や落雷の衝撃で吹き飛ばされたり、高所から転落した場合は、
止血、打撲、骨折などの手当てを行いましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

40

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
lovelyshiba

得意ジャンルは、美容、健康、料理、ペットなど・・・です。