更新日: 2011-02-12 23:23:09

ホワイトデーに、勘違いされないためのお返しの仕方

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 1446

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kynbit

思わせぶりなチョコレートをもらったときの場合に、ホワイトデーに勘違いされないためのお返しの仕方を紹介します。

STEP1 [値段以上のものはあげない]

値段は高すぎると、勘違いされたりします。
なので、お返しは「同額」。

あげるプレゼントも、スイーツなどの消えるもので。
お花やアクセサリーだと勘違いが増えるもと。

また、チョコレートのお返しとして、マシュマロだと「好きじゃない」を表すというジンクスもありますが、そのジンクスを知らなければ意味がありません。
礼儀はきちんとしつつ、勘違いされない「同額」のものがおすすめです。

STEP2 [グループ単位で贈る]

会社のメンバーだったら、「みんなで食べて」と言って違う人にまとめて渡してしまうという方法もあります。

気のあるプレゼントだったら、バレンタインデーに個人で渡されることもあります。
そんなときは、グループに渡すと失礼になることも。
でも、できることなら周りとまとめて贈れるなら贈ってしまいましょう。

STEP3 [メッセージをつける]

ホワイトデーに贈るとき、
「いつもお世話になっています。これからもいい友達でいましょう!」
と明るい文面の「友達」アピールメッセージを書くのはどうでしょうか。

向こうがバレンタインデーに、気のあるプレゼントを贈ってくれてもこちらとしては「友達」なのだというアピールです。
この方法だと失礼がないですよね。

STEP4 [会社だったら人間関係もスマートに]

会社だったら、人間関係も仕事のうち。
スマートにしなくてはいけません。
思わせぶりなチョコレートをもらったときでも、円滑にすすめられるようにがんばりましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

80

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...