更新日: 2011-02-21 18:04:01

病人の寝たきりを防ぐリハビリテーション法

著者: lovelyshiba

編集者: lovelyshiba

閲覧数: 476

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by The U.S. Army

入院や自宅で具合が悪く
ずっと寝ていると
すぐに筋肉は衰えます。
寝たきりを防ぐ方法をご紹介します。

STEP1 【コツ1】

寝たきりにさせないためには、発病直後の対応が鍵になります。
リハビリテーションは、
安静が必要とされる時期を過ぎてから始めるのではなく、
発病と同時に、内科的、外科的な一般医療と
並行しながらスタートするという認識を持つ必要があります。
リハビリ開始のタイミングさえ遅らせなければ約8割もの確率で、
病人が寝たきりのままになるのを防ぐことができます。

STEP2 【コツ2】

介護をする人は医師とよく相談し、病状に見合った方法で、
関節運動などのリハビリテーションを早期にスタートさせて
病人の体の拘縮・委縮を防ぎましょう。

STEP3 長い間、寝たままの状態が続くと、

体に拘縮(筋肉、関節が硬くなること)や
委縮(筋肉が縮むこと)がおこり、
身体を動かそうとしても
思うようにいかなくなってしまいます。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
lovelyshiba

得意ジャンルは、美容、健康、料理、ペットなど・・・です。