更新日: 2011-02-21 18:00:43

子どもの頭痛の時の対処法

著者: lovelyshiba

編集者: lovelyshiba

閲覧数: 505

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by thomasrdotorg

頭痛は小児期によく起きます。
対処法をご紹介します。

STEP1 【急性の場合の主な病名】

1.かぜ症候群
2.髄膜炎
3.脳炎
4.脳腫瘍
5.高血圧
6.ガス中毒
7.頭蓋内出血などがあります。
頭痛だけでなく食欲不振になったり、
元気がない場合は病院に連れて行きましょう。

STEP2 【急性の場合の症状】

・頭の両側に圧迫感がある痛みがだんだんひどくなり、
吐き気も伴う場合は筋収縮性頭痛の可能性があります。
眼精疲労や耳、鼻、歯の病変が原因となっていることが多くあります。
・神経質な小児などは心因性の頭痛をよくおこしますので、
家庭生活での心理的な環境について検討することが大切です。

STEP3 【慢性の頭痛の場合】

だんだんひどくなっていく場合でなければ、
それほど心配はありません。
ずきんずきんと痛むのは血行障害による
いわゆる片頭痛の場合が多くあります。
また、てんかんでも頭痛は起こります。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

81

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
lovelyshiba

得意ジャンルは、美容、健康、料理、ペットなど・・・です。