更新日: 2011-02-21 17:59:20

子どもの下痢の時の対処法

著者: lovelyshiba

編集者: lovelyshiba

閲覧数: 473

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by mollyollyoxenfree

下痢には心理的な場合もありますので
注意が必要です。

STEP1 腸が炎症を起こすと、

腸の粘膜が刺激されて水分があまり吸収されないまま
水っぽい便が出てしまい下痢の状態となります。

【主な病名】
1.ウィルス性胃腸炎
2.細菌性胃腸炎
3.大腸炎
4.アレルギー性
5.呼吸器感染
6.尿路感染
7.心理的なものが原因となる心因性の下痢
8.食事の栄養バランスが悪い場合

STEP2 【注意が必要な下痢】

下痢の症状に、発熱があったり、血液の混入(血便)があったり、
元気がなくなったりする場合は注意が必要です。
ひどい下痢が続く場合は、
体の水分が外にたくさんでて脱水症状を起こしてしまいます。
それとともに、身体に必要な電解質が体外に出てしまい、重症になると
生命に危機をおよぼすこともありますので、
上記のような症状がある場合は、病院に連れていきましょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

87

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
lovelyshiba

得意ジャンルは、美容、健康、料理、ペットなど・・・です。