更新日: 2011-02-12 08:02:21

時間も節約!ユニットバスでも簡単足湯で冷え性を解消!

著者: ろーりんぐろっく

編集者: ろーりんぐろっく

閲覧数: 2136

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ろーりんぐろっく

自宅にユニットバスしかない人にとって、湯船に毎回お湯をはって温まるのは何かと面倒ですよね。

でも寒い冬、特に冷え性の人はできればお湯に浸かって温まりたい!

そんな人におすすめ!時間も節約できて体も温まるとっておきの方法をご紹介します。

STEP1

ユニットバスの湯船に毎回お湯をはると、使用後お湯を全部捨てなければいけないので不経済、またお湯が中に入っている間は体や髪を洗うこともできず、時間をとられますね。

しかし、冷え性改善のためにはできればお風呂で温まりたいもの。

そこで、ユニットバスで「足湯」をしながらシャワーを浴びてみましょう!

STEP2

上記のような入れ物にお湯を入れ、その中に両足を入れながらいつものようにシャワーを浴びるだけです。

シャワーを浴びる時間は20分程度が理想です。

冬にシャワーのみは寒く感じることが多いものですが、足湯をしながらシャワーを浴びるとその寒さを軽減できます。

シャワーから流れるお湯が絶えず入れ物の中に流れるので、お湯が冷えることもありません。

また、捨てるお湯も少量で済むので経済的です。

ひとつ注意は、足元が狭くなるので転ばないように気をつけましょう。もし、入れ物が滑りやすい素材の場合は下にタオルなど滑り止めになるような物をひいて下さい。

STEP3

足湯は、血行を良くし体温を上げます。20分程度足湯をすると全身浴と同じくらいの効果があるそうです。

ユニットバスだからと諦めず、この簡単足湯でポカポカになりましょう!

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

アメリカは東海岸の中都市に在住しております。
私のガイドがみなさんの情報源のひとつになれれば幸いです!

必要なもの

両足が少なくともくるぶしのちょっと上あたりまでスッポリ隠れるくらいの深さの入れ物。
下の写真のような入れ物が例です。

Middle family seikatukan 4974908447938