更新日: 2011-02-12 07:34:17

中学生の家庭学習への付き合い方

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 426

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by MJ/TR (´・ω・)

小学生のときは宿題を教えてやれたのに、中学生になるとお手上げ…と悩む親は少なくないのではないでしょうか。家庭学習で中学生の成績を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

STEP1

シンプルですが、教科書・参考書・問題集を解いていくのが近道です。意欲を出すために漫画を読もう、洋学を聴こう…というのは、中学生にはなかなか効きにくく、また実際のテストには役に立ちません。

次のテストで何点取るかを計画し、それにあった勉強をして、10点でも点数をアップしたほうが、根本的なやる気・解けた!という自信につながります。勉強は誰でも嫌いなもの、ととらえて「勉強効率を上げる!」ことに気を配るとよいでしょう。

STEP2

春休み、夏休みなど学校の長期休み中(日々の予習復習がない)時期は、できない学年からの総復習をしたほうが良いでしょう。以前の内容が理解できていなままでは、新しく習う内容に付いていけません。
(例えば英語で、単語・文法事項が分からない生徒に、不定詞・未来形を教える事は不可能です。国語も今までの積み重ねです、高度な読解問題は解けないはずです)

STEP3

学習そのものより「学習計画を立てる」ことを教えてあげましょう。学習計画を立てる必要性を感じていない生徒には、必要性を教えることから始めます。

今の実力と最終的なゴール(テストなり受験なり)を照らし合わせて、じゃあいつ何をしていけばよいのか予定を立て実行していくスキルは、働くうえでも必要不可欠です。学習を通じて、学力だけでなくそのようなスキルも身につけられると良いですね。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

52

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する