更新日: 2011-02-12 04:48:43

敏感肌、荒れ性肌などお肌のトラブルを改善する方法

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 352

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tikumanikki

様々なお肌のトラブルにも、改善法の基本は一つです。

それは、正しい洗顔、適度な保湿です。

現在は、どの基礎化粧品にも、保湿が最重要視されています。

STEP1

Photo by tikumanikki

まずは清潔にすることが1番で、綺麗に洗顔することが基本中の基本です。

でも、みなさん、特にお肌のトラブルに悩まされている人はすでに充分すぎるほど、気を使って洗顔しておられるでしょうから「これ以上どういうふうに!?」とブーイングがきそうです。

でも、正しい洗顔方法で行われていない場合があります。

私ごとで恐縮ですが、私は15年程前からクレンジングオイルを使っています。
行き付けの美容院の先生にススメられて洗顔してみたところが、使った瞬間から違いました。

でも、髪の生え際とか、クレングオイルが良く落とせないような気がして、クレンジングオイルで洗顔した後に、洗顔石鹸で洗い落としていました。

STEP2 そのことを、美容院の先生に話したら、怒る事、怒る事!(笑)

Photo by tikumanikki

美容院の先生がそのとき言った言葉を紹介します。

1、クレンジングオイルで洗顔した後に洗顔石鹸で洗ったのでは、肌に負担がかかりすぎること。
2、なんとなく顔に残っているような感じがしたり、生え際などの部分に残ったオイルがタオルに付いたりして、落ちていない感じがするのは、手に取るオイルの料が少なすぎが原因。
フライパンなどの油汚れを落とすときに、洗剤の量が少なすぎると汚れが綺麗に落ちないのと一緒で、オイルも少なすぎると、落としきれない。
3、2回プッシュをするけれど、しっかり2回プッシュした充分な量でやれば落ちるはず。

以上のことを言われました。タオルに生え際に残ったのが付いたりすることもあるけれど、それは問題ないとのことでした。

その方法で、15年以上続けていますが、40過ぎても小皺一つない肌を驚かされます。クレンジングオイルでの正しい洗顔の方法が効いていると実感しています。

原材料の表示を洗顔石鹸や洗顔クリームと比べてみてもわかると思いますが、クレンジングオイルは、植物性の肌に優しい成分が多いです。

STEP3

次に、化粧水や乳液の使い方ですが、今どのメーカーさんも謳っているように、保湿が大切です。

化粧水で保湿をした後水分を逃がさないように美容液を塗ったり、栄養クリームを塗るわけですが、自分の肌の状態などを見極めて選ぶ必要があります。

お肌の状態によっては、夏と冬は使い分けた方がいい人もいます。

オイリー肌の人に注意してもらいたいのは、肌に脂分が多いからと、塗る量を控えてしまうと、肌は頑張って脂を出そうとしてしまいます。

肌にあった基礎化粧品と、正しい使い方でスキンケアをしてください。

たかがお化粧、されどお化粧です。綺麗になれば精神的にとてもいい影響を与えて、ハッピーになれますので、女性のお化粧は大切です。

頑張って、綺麗になった自分を楽しんでください。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

36

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する