更新日: 2011-02-12 01:38:32

ラップの活用術

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 646

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by isinoid

ラップは食材を包む以外にも
いろいろ便利な用途がありそうです♪

STEP1 【すり鉢いらずのすりごま作り】

 ごまをラップにくるみ、その上からコップなどを横にしてゴロゴロ
 転がすと簡単にすりごまができます。かたいものの上でするのがコツです。

【食器の収納に】
 お正月用や来客用など、普段あまり使わない食器類はラップに包んで
 収納しておきましょう。汚れがつかず、中身も一目でわかるので
 急に必要になったときも便利です。

STEP2 【ホコリ取りに】

 使い終わったラップをくしゃくしゃにして、部屋の角などほこりがたまって
 いるところをこすると、静電気でホコリや髪の毛を吸い付けてくれます。
 また、何枚か重ねて雑巾代わりに使うこともできます。ラップは布と違い
 洗剤を吸収しないので少ない洗剤で効率良く掃除ができます。さらに、
 摩擦力が強いので静電気でほこりも吸い付けます。ただし破れやすいので、
 広い面積の掃除には向いていません。棚や冷蔵庫の上など、少ないスペース
 でほこりがたまりやすい場所の掃除に使用するのがオススメです。

STEP3 【窓に貼ったシールを剥がす】

 窓ガラスに貼られたシール全体に台所用の中性洗剤をまんべんなく塗り、
 その上にラップをかけて密着させます。そのまま5分~10分程度おいて
 ラップをはがせば、シールがラップにくっついてキレイにはがれます。
 これは中性洗剤が接着剤を溶かし、ラップにくっつくことによりできるのです。
 木材など洗剤を使いたくない場合は、シールにまんべんなく水をしみこませ、
 ラップをはりつけたあとドライヤーをあてます。ラップがくっついたらゆっくり
 とはがします。あとが残っていたら何度かくりかえしましょう。

STEP4 【郵便物の保護】

 大切なものや濡れると困るものを送る場合、中身をラップで包んで
 おくと安心です。特に写真を封筒で送る場合は、写真を包み、厚紙を
 あてれば雨などで濡れても大丈夫です。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

27

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する