OKWAVE Guide 印刷用:りんごを触ると皮がベタベタするのは?|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large 47077804 4d92ef39af m

 お店でりんごを手にしたとき、皮がベトついたり妙にツルツルして感じる時があります。ワックスが塗ってあるのかな?と心配になる人もいるようですが…。

【ステップ1】

 りんごの皮のワックスの用な感触は、実は自然な現象なのだそうです。
 りんごの皮には「クチクラ」という層があり、このクチクラに含まれる脂肪酸(リノール酸やオレイン酸)がベトつきの正体です。クチクラは果実が成熟するにつれて表皮の中で作られていき、表面ににじみ出てきます。その油分が表面を包み込むことで、雨や朝露などをはじいて病気を予防したり、水分を閉じ込めて新鮮さを保つ効果があります。

【ステップ2】

 りんごの種類によって脂質の分泌の仕方が違うようで、ジョナゴールドやつがるなどでは感じられても、ふじや王林などはさらりとしていたりします。
 ちなみに、日本ではみかんなど柑橘類の表面にワックスを使うことはありますが、りんごを始めそれ以外の果物には使われていないようです。

【ポイント】

 表面がベタベタしているということは、丁度よく熟して食べ頃の証拠とも言えます。