更新日: 2011-02-12 00:11:39

「トゲアリトゲナシトゲトゲ」という名前になるまで

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 360

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by emrank

「トゲアリトゲナシトゲトゲ」というのは、虫の名前です。
この名前を見て「トゲあり?トゲなし?どっち?」
と思ったのは、私だけではないかと…

STEP1 答えは「トゲアリトゲナシトゲトゲ」にトゲはあります。

なぜこんなややこしい奇妙な名前になったのか、いきさつを説明します。

(1)ハムシという小さな虫がいます。
(2)それにトゲが付いている物がトゲハムシ、あるいはトゲトゲと呼ばれます。
(3)トゲトゲの仲間なのに、たまたまトゲが無い種類がいたので、「トゲナシトゲトゲ」と名付けられました。
(4)今度は「トゲナシトゲトゲ」の仲間なのに、トゲがある種類がいたので、「トゲアリトゲナシトゲトゲ」と名付けられました。

STEP2 ややこしいですね。

要するにハムシ→トゲハムシ(トゲトゲ)→トゲナシトゲハムシ(トゲナシトゲトゲ)→トゲアリトゲナシトゲハムシ(トゲアリトゲナシトゲトゲ)というわけです。
「トゲハムシ」と「トゲアリトゲナシトゲトゲ」にはどちらもトゲがありますが、別の種類です。
ちなみに「トゲアリトゲナシトゲトゲ」を漢字で書くと「棘有棘無棘々」となります。

しかし、なんだか適当というか、めんどくさかったからなのか、かなりいい加減に名づけられたような気が…

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

64

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する