更新日: 2011-02-11 21:19:43

化粧品って本当に浸透するの?そして効果があるの?

著者: ★ちぃちゃん★

編集者: nemo3

閲覧数: 741

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by *0* PrincessCCCC

以前から、雑誌やインターネットの口コミを見ていると「この化粧水は浸透します、この化粧水はなかなか浸透しない」と書いてる方をよく見かけます。

ですが、化粧品って実際浸透なんてしてるものなのでしょうか。

また、本当に効果のある化粧品なんてあるのでしょうか。

そこで今回は化粧品の浸透と効果についてご紹介します。

STEP1

通常、人間の皮膚の表面は皮脂におおわれ、皮脂のすぐ下には皮膚の表面いわゆる角質層が存在します。その下の皮膚は顆粒層、透明層、有棘層、真皮で構成されていますが、化粧品が「浸透する」と言える(表現できる)限界は法律上(薬事法や景品表示法)角質層までです。

STEP2

そのため、近年の化粧品広告だと「角質層(もしくは角層と表現されます)の奥深くまで浸透し・・・」と表現されていますが、そういった化粧品の場合、おそらく角質層までは浸透しているのでしょう。もしかしたらそれ以上に浸透するけど法律で表現できないだけかもしれません。

STEP3 とはいえ、浸透と効果は別物です。

効果についても法律上、化粧品で標榜できる効果はかぎられており、若返りなどの効果はありません(“法律上は”あり得ないといった方が正しい)。

ただ、肌表面の皮脂や水分バランスは年齢がいくにしたがってくずれていきます。それを補う意味(保湿効果)で化粧品は有効といえます。

 ちなみに、エステなどのマッサージ。あれは、上手にやれば血行やリンパの流れをよくしますから、顔の形がかわるほど効果が出るのはわかります。血行やリンパの流れを普段からよくしてやるのを心がける方が肌表面のケアにくらべると効果が高いとも言えます。

まとめ

化粧品も皮膚の表面、角質層までは浸透します。

ただし、効果は別のものです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

95

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
★ちぃちゃん★

初めまして。

色々な方と情報交換できたらと思います。
まだまだ未熟者ですがコメント頂ければ喜びます♪