更新日: 2011-02-12 07:58:27

子供が作文で困っていたら・・・

著者: いるか

編集者: いるか

閲覧数: 338

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by いるか

うちの子、作文が苦手で・・・
そんな時、親が上手に手助け出来たらいいですよね。
今回はその方法を書きたいと思います。

STEP1 作文を書く時、学校では

はじめ、次、終わりというように最初から順番に書かせていくという指導が一般的です。

部分的なものから全体をまとめるという考え方です。

しかし、このように考えるのが苦手な子がいます。

STEP2 もしも、そのようなやり方が苦手だと思ったら

とりあえず思いついたことを順番(時間的なことを含む)は関係なく

メモしていきましょう。

例えば日記ならば ~が面白かった。○○くんと遊んだ。こんなことをした。など。

中々出てこないようならば、「今日一番楽しかったのは何?」などと

うまく誘導してあげましょう。

しつこいようですが、順番は関係なしにです。

STEP3 いろんなものが出てきたら、そこではじめてそれらのものを

順序だてます。

パズルのようにこれの次はどれかな?という感じです。

楽しみながら。

STEP4 順番が決まったら接続詞を上手に使ってつなげていきます。

面倒なようですが、この方法の方がスムーズにいく子もいます。

まとめ

人間は物事を認知、処理するときに部分から全体へというタイプと

いろんな角度からまずは大まかに全体を把握してから部分の細かいところを

把握していくタイプがいます。

学校の指導はほとんどが部分から全体へというものなので

後者のタイプの子はつまずきやすい傾向にあります。

決して理解力が劣っているのではなくてやり方が合わないだけなので

親の方で子供のタイプを把握できたら、それにあったサポートをすれば

うまくいきます。これは作文に限らず算数、漢字なども同じです。

勉強が出来ないのではなくて勉強の仕方が違うのです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いるか

メンタルケア心理士です