更新日: 2011-02-14 18:23:26

愛犬との意思疎通法

著者: lovelyshiba

編集者: lovelyshiba

閲覧数: 202

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by DrPizza

愛犬に感情を伝えたり、
間違いを気づかせたり・・・
など。
意思疎通法をご紹介します。

STEP1 【感情を伝える】

犬に愛情を伝えたり、飼い主にとって好ましい、
正しい行動をしている時に使います。
統一する必要はなく、「かわいい」「お利口」など
プラスの意味を持つ言葉をかけてあげましょう。
※落ち着いた口調で好ましい気持ちを伝えましょう。
犬がテーブルの近くでおとなしくしている時、
静かにくつろいでいる時などにも活用できます。

STEP2 【犬に間違いを気づかせる時】

指示やルールを破ってしまったことに犬が気づいていない時、
「あれ?」など家族で統一した言葉で注意してミスを自覚させます。
禁止とは別の言葉で明るい口調で言いましょう。
※「オスワリ」と号令をかけられてから「いいよ」
という解除の合図がないのに、
うっかり立ってしまった場合。
注意の言葉をかけ続けて犬が気づくまで待ちます。

STEP3 【わざと違反したときに警告の合図をする】

ルールをわざと破った時、
飼い主の様子をうかがいながら違反している時に、
「あー!」など家族で統一した強めのトーンで警告しましょう。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

63

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
lovelyshiba

得意ジャンルは、美容、健康、料理、ペットなど・・・です。