更新日: 2011-02-11 21:29:30

左、右、間違える人の原因と苦悩とは?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 5362

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

右と左を間違えるといっても、病気の人ではなく、普通の人です。

40代、50代の人が、普通に右左を間違えてたり、「あれ?右ってどち?」と一瞬悩んだりして、「こっちがご飯持つ方だから。。」とか、やるそうです。

本人にとっては、大きな悩みの、この原因は、いったい、どういうことなのでしょうか?

STEP1 この症状を、左右盲というそうです。

咄嗟に左右の判断が出来ない・左右を識別するのに多少の判断材料を必要とする人の事を左右盲と言い、正式な病名ではないようです。


こういう人は、たまたまいるようです。車の運転で左右の判断が直ぐに出来まくて、何度も間違えた経験があるようです。免許を取るときに、教習所でも「右ってどっち!?」と毎回先生に聞いていたようです。
こういう時によく言われる“箸持つ方”これも、「それってどっちだったっけ?」になってしまうそうです。

左右盲は、色々な説がありますが、原因が解明されていません。例えば子供のころに、左利きの無理な矯正が原因ではないかと言われているそうです。

STEP2 子供の頃、左利きを矯正されたひとは、

  【箸を持つほうが右・・・。】
  【自分のお箸を持ちやすいのは左・・・。】
というように頭が混乱するようです。

箸を持つ手は右」だけど「ケーキやアイスを食べるのは左」。
「文字を書くのは右」だけど「消しゴムを持つ手は左」
「果物の皮をむくのは右」だけど「切るのは左」
などなど、混乱するのですから、大変です。

ちなみに、左利きを矯正されなかった人はこのような混乱がないそうです。

だから昔と違って、今は左利きを、矯正しないのでしょうか。

まとめ

それにしても、運転するときは、危ないですよね。

とっさの判断で、大変なことになる恐れもあります。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

20

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する