更新日: 2011-06-23 11:09:06

ランニングで足の裏に豆ができるのを予防する方法

著者: ヤヒ

編集者: ヤヒ

閲覧数: 2504

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by 池田隆一

最近はいろんな県でマラソン大会がありますが、長時間走る時に足の裏に豆が出来やすくなりますがその予防する方法とグッズを紹介します。

STEP1 豆が出来る原因

豆が出来る原因は靴にありますが、幅が少し余裕がある靴を履きましょう。

STEP2 2つめの原因

2つめの原因は初めての人が、いきなり多く歩くのはよくないです。
いきなり多く歩くと、マメが出来てしまいます。
初めは皮膚がなれていないので、少しずつ歩いて皮膚を強くしましょう。

STEP3 予防法

豆が出来にくくするのは、自分に合った靴を履いたり、テーピングなどを張って摩擦を減少する事が出来ます。
後、靴下を履いたり、靴の中を乾燥させるのもいいですよ。
特に休憩中や、運動をしない日は空気をいれて乾燥させてください。
ちなみに、足の皮膚が赤くなったり、チクチク痛むときはマメ・靴擦れになり前兆なので、テーピングを張って予防しましょう。

まとめ

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ヤヒ

ゲームが趣味なので、ゲームをやってみた感想を載せたりします。
後、話題のゲームや他の事を載せる事があるかもしれませんが、よろしくお願いします。