更新日: 2011-02-11 12:25:07

夏の雑草取りを楽にするために今なら間に合う事は?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 557

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

夏の暑いときの雑草とりは、ほんとうに嫌ですよね。抜いても抜いてもでてくるし、雑草との戦いです。

広いお庭なら、さらに大変。

そうかと言って、取らない訳にはいきません。

そんな悩みや、苦しみから(少々オーバー?)逃れられる方法があります。

STEP1 それは、まだ寒いこの時期に、抜いてしまうことです。

Photo by tikumanikki

今抜くといい理由

1、ひげねまで、樂にすっと抜けます。
  ひげ根まで、綺麗の抜けてしまうのですから、ひげ根からまた出てくることがありま  せん。
2、まだ寒いので、抜いた雑草はそのままだめになり、間違っても再び根をつけることは  ありませんから、ほぼ完全な草取りが出来ます。

これをやっておくと、夏の雑草の少なさに驚くと思います。

もちろん、日の当たった暖かくて気持のいい日を選んでくださいね。

STEP2 ほんとうは、12月にやればもっといいんですよ。

Photo by tikumanikki

抜いた根っこは、冬の寒さで、完璧ダウンです。

なんといっても、今より12月の方がまだ暖かいですしね。

今は、どうか知りませんが、昔の農家の人たちは、「冬ぶち」と言って、12月に耕運機で田んぼをおこしていました。おこす・・耕すと表現すればいいのでしょうか。
そうして、田んぼの雑草対策をしていました。

暑い夏に苦しまなくてもいいように、お試しください。

まとめ

Photo by tikumanikki

除草剤だけは、撒く気になれません。

近所でまいておられるお宅がありますが、撒いているとき、撒いた後ぞっとしますが、でも、何もいえません。

堅く、お口チャックです。

そうそう、土いじりは精神的にも良くて、鬱病の患者さんの治療方法にも使われているそうです。だから、草取りなんて、とてもいいんですね。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

10

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する