更新日: 2011-06-13 19:47:21

テニスのサーブの打ち方の基本

著者: 蜜柑

編集者: airiiiii

閲覧数: 860

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 蜜柑

サーブが入らなければ試合が始まりません。サーブが少しでも入るよう、参
考に

STEP1

肩の力を抜いてリラックスしましょう。緊張し、変に力が入っているとコン
トロールが乱れます。

STEP2

トスを高く上げ、自分の頭の上よりコート側に。頭上より手前にボールがあ
ることで、体重移動しやすくなります。
肩からひじ、手首まで一直線にしてトスを上げましょう。
毎回同じところにトスが上げられるよう練習します。

STEP3

打つ時は、軸足や頭を動かさないように気をつけましょう。また、フォーム
を安定させるために、ジャンプはしない。

まとめ

ひたすら練習を重ね、コツをつかむことです。連続で10回サーブを成功する
のを目標に頑張ってみてください。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

107

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
蜜柑

冬になったので、パイナップルから蜜柑へ名前を変えました。
甲子園観戦と読書が好き。

必要なもの

テニスコート
ラケット
ボール