更新日: 2011-02-10 18:37:19

留学生の中国語勉強法

著者: LaOliva

編集者: LaOliva

閲覧数: 450

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Robert S. Donovan

中国で中国語の勉強をしています。
今気づけば、日本に居ながらにしてもっと勉強できたはず!!
留学の予定がある人もない人も自分である程度レベルアップできます。

STEP1 【教科書選びのポイント】

1.CD付きの教科書
2.1課毎に「生詞」、「本文」、「文法」、「練習問題」が含まれている構成の物
3.自分のレベルにあったもの

STEP2 【勉強の予定を立てる】

1課を何日に分けて勉強するかによってその日にやる内容が変わってきます。
自分の目標や現実に沿って予定を立てましょう。
例えば…
(月曜日)繰り返しCDを聞きながら単語の漢字とピンインを覚える。それぞれの単語を辞書で調べよく使うであろう例文も教科書に書き出す。
(火曜日)単語を覚えているか、テストする。(漢字部分を見ながらピンインを書く、漢字部分を隠してピンインを見ながら漢字を書く)単語部分のCDを聞く。
(水曜日)文法の解説を読み、例文を参考に自分でもその文法を使って文を作ってみる。
(木曜日)本文のCDをよく聞く。本文を目で追いながら聞く。自分もCDと一緒に読んでみる。自分だけで読んでみる。間違えやすいところにはしるしをつける。
本文中に含まれている文法を探し出し、文法を復習する。
(金曜日)練習問題を解く

STEP3 【使ってみる】

いくら勉強していても試す場所が無ければなかなか進歩しません。
留学する人は、現地に行ったら同国人とばかり固まらずに同じ学校の現地の学生や先生などとちょっとした会話でも良いので勇気を出して話しかけてみて下さい。
留学の予定のない人も大丈夫。中国人はあなたの周りにもいるはず。市町村の生涯学習などの制度を利用すれば格安でレッスンを受けられます。最近はスカイプでのレッスンもあるみたいですが、直接顔を見合わせて勉強した方が発音などはよく分かります。

まとめ

中国語は声調言語なので、独学だと「発音」がどうしても「外国人的」になってしまうようです。私は現地で現地の学校に行って勉強していますが、発音の矯正の為、家庭教師もお願いして来てもらっています。発音は大事なので、最低でもピンインが読めるようになるまでネイティブの先生か友人に教えてもらうことをお勧め致します。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

81

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

中国語を勉強したい気持ち